本校の沿革

 

独立行政法人 国立高次脳機能研究開発機構 大脳基底核研究所付属 莢蒾学園(以下本校)は旧人類開発技術院の7研究所と神経的特異点予測対策室が平成14 年(2002 年)4月に統合・再編され独立行政法人 国立高次脳機能研究開発機構 人類統合研究所となり、平成27 年(2015 年)4月に国立高次脳機能研究開発機構 大脳基底核研究所と改名されました。本校の歴史は平成18 年(2006年)に設立された人類統合研究所付属養育院に始まります。その後、人類統合研究所付属養育院は平成20年(2008 年)に国立高次脳機能研究開発機構 大脳基底核研究所付属 莢蒾学園となり学校組織としての道を歩み始めます。このような幾多の改称・改編を繰り返し、平成21 年1月の中央省庁再々編を経て独立行政法人化され現在に至ります。